リッドキララの副作用ってあるの?

女性誌や美容雑誌で数多く取り上げられ、SNSでも話題となっている超人気のリッドキララは、まぶたを引き締めて目を大きく見せることができるまぶた専用の美容ジェルです。

 

肌に直接触れる美容商品では、どんなに優秀なアイテムでも肌との相性が悪ければ、トラブルや副作用が起こるリスクがあります。

 

リッドキララには、どのような副作用が起こる可能性があるのか、口コミや感想から検証してみました。
リッドキララは上まぶたの皮膚に塗布するジェルなので、目に入れるものではありません。

 

正しく使えばリッドキララが目に入ってしまうことはありませんが、使い方を間違えたり、リッドキララをたくさんまぶたに乗せすぎてしまうと、ウッカリ目に入ってしまうリスクがあります。

 

目にリッドキララが入ると、副作用として目が赤くなったり、まぶたの内側が痒くなったり、また視力に影響が及ぶことがあります。

 

注意してください。
リッドキララは、朝晩の2回使用するのが理想的です。

 

ただし近距離だと他人に分かってしまうリスクがあるため、他人にバレるのが嫌という時には、基本的には人に会わない夜のみの使用にして、メイクをする時には朝も使うなど、使用方法を工夫することでも対応できます。

 

 

 

敏感肌の人は要注意

リッドキララは、敏感肌の人でも安心して使えるよう、防腐剤をはじめとする添加物は最小限のみとなっています。
エタノールも使われていないので、肌への刺激は大きくありません。

 

しかし、肌が敏感な人にとっては、どんなに優秀な美容商品でも自分の肌との相性が良いか悪いかは、実際に肌に乗せてみなければわからないものです。

 

もしもリッドキララを使ってみて、まぶたが痒くなったり赤くなったという場合には、それはリッドキララが自分の肌と相性が良くないということかもしれないので、使用を中止して様子を見て下さい。

 

リッドキララの副作用というわけではありませんが、リッドキララを上まぶたにたっぷり塗り、メイクをせずにスッピンでいると、目を閉じた時にリッドキララのテクスチャーが光に反射して他人にバレるというリスクがあります。

 

目を開いている時にはばれることは少ないですし、アイメイクをすればバレる可能性はほぼゼロに近くなるのですが、スッピンの時にはその点は少しだけ注意するのが良いでしょう。

 

また敏感肌の人でなくても、体調がよくない時にはリッドキララが肌に合わないことがたまにあるようなので、使用をやめて数日おいてから再度使ってみるという方法もおすすめです。

 

⇒【今だけ!】リッドキララ公式サイト限定「全額返金保証」付きキャンペーン開催中!