リッドキララとアイプチの違い!

まぶたを引き締めてケアができたり、目を大きく見せることができるまぶた専用美容ジェルとして大人気のリッドキララは、目を大きくパッチリ見せてくれるという点では、アイプチと近い効果が期待できます。

 

しかし、リッドキララとアイプチとでは、使う目的や効果などが異なるため、混同しないように注意したいものです。

 

一重まぶたの人に人気のアイプチは、一重まぶたを糊のような成分でピタッとくっつけて、二重瞼を作るために用いるアイテムです。

 

目を開けたり閉じたりすると、どうしても糊で貼り付けている部分のラインが不自然に見えてしまうため、他人に「アイプチしているのかな?」とバレやすいという特徴があります。

 

アイプチの中には、肌にできるだけ負担をかけないような成分が配合されているものがありますが、基本的にはアイプチは二重瞼を作るためのアイテムなので、まぶたの皮膚のケアができるというものではありません。

 

一方、リッドキララは上まぶたの皮膚を引き締めることによって、目を大きく見せてくれるという美容ジェルです。
糊のような成分は入っていないので、リッドキララを使って一重まぶたを二重瞼にすることはできません。

 

ただし、目全体を大きく見せることは可能なので、小さめの一重まぶたを大きく魅力的な一重まぶたに見せるということは可能です。

 

リッドキララは、まぶたの皮膚の内側と外側から引き上げをアプローチできる美容アイテムです。

 

継続して使うことによって、上まぶたの皮膚が下がりにくくなりますし、いつまでも大きく魅力的な目を維持できるという長期的な効果を期待できます。

 

 

 

リッドキララVSアイプチ、どちらがおすすめ?

リッドキララとアイプチは、使う目的が異なる美容アイテムです。
そのため、何を目的として使いたいのかによって、どちらがおすすめかが変わってきます。

 

もしも現在、一重まぶたで二重瞼になりたいと考えている人なら、アイプチの使用がおすすめです。
リッドキララを使っても、一重を二重にすることはできません。

 

アイプチを使った日にはパッチリ二重を作ることはできますが、形状記憶的な機能が期待できる訳ではないため、使わない日は普段通りの一重となります。

 

一方、上まぶたの皮膚が垂れてきたなと感じている人や、以前よりも目が小さくなったような気がするという人なら、リッドキララを使うことによってまぶたケアができるので、以前のような大きな目を再現できるでしょう。

 

一重まぶたを二重にすることはできませんが、見た目の目元をパッチリしたい人には、こちらがおすすめです。
リッドキララとアイプチは異なる美容アイテムなので、併用しても問題ありません。

 

その際には、まずはリッドキララを使ってまぶたケアをした上で、アイプチで二重瞼を作るという順番がおすすめです。

 

⇒【今だけ!】リッドキララ公式サイト限定「全額返金保証」付きキャンペーン開催中!