リッドキララとアイキララ、どんな方向け?

まぶたを引き締めて目を大きく見せてくれる効果が期待出来るリッドキララと良く似たネーミングの美容商品の一つに、アイキララというものがあります。

 

どちらも同じ、北の達人コーポレーションが製造している美容アイテムで、どちらも美容雑誌や女性誌などのメディアでよく取り上げられているので、二つの異なる商品の区別がつかないという人は多いかもしれません。

 

ここでは、リッドキララとアイキララの違いについてご紹介しましょう。

 

 

 

クスミケア用VSリフトアップ用

リッドキララは、まぶた周辺の肌のくすみを改善したり、ハリを改善することができるアイテムです。

 

まぶたはもともと皮脂分泌が少なくて皮膚が薄い部分なので、年齢を重ねるとふっくら感やハリがなくなって貧相に見えやすい部位です。

 

しかも、皮膚が薄いために裏の静脈などが透けて映りやすく、下まぶたがくすんでクマのようにみえたり、シワが目立ちやすいという特徴もあります。

 

そうした目元のハリやくすみを改善してくれるのが、アイキララなのです。

 

デリケートな目元の一つ一つの皮膚細胞の質を改善するため、コラーゲン生成をサポートするMGAというビタミンC誘導体が含まれていて、細胞一つ一つに栄養補給をしてふっくらできます。

 

 

 

見た目のハリやリフトアップを持続するならリッドキララ

リッドキララは、目の下ではなくて上まぶたに使う美容アイテムで、まぶたの引き締めやリフトアップ効果が期待できます。
見た目の目の大きさをクリっと大きくできるのが、リッドキララの最大の特徴です。

 

リッドキララには、肌のくすみや皮膚痩せを改善できる成分は配合されていません。
そのかわり、たるみやすい上まぶたの肌をキュッと引き締めてリフトアップできる成分が入っています。

 

リッドキララは上まぶたを中心に使う美容ジェルで、アイキララはどちらかというとしわやクマが目立ちやすい下まぶたを中心に使うジェルです。

 

成分的に混ざるとNGというわけではないので、目元のケアを念入りにしたい人なら、上まぶたにリッドキララを使い、下まぶたにはアイキララを使うなど、併用するのも良いでしょう。

 

リッドキララのユーザーの中には、アイキララと併用することによって見た目の目元の印象がより素早く改善できると感じている人がたくさんいます。

 

どちらも同じ(株)北の達人コーポレーションが製造した優秀な美容ジェルなので、合わせて公式ホームページから注文するのが良いでしょう。

 

⇒【今だけ!】リッドキララ公式サイト限定「全額返金保証」付きキャンペーン開催中!